不動産ITブログ☆blog

不動産業界からネット業界についてブログを書く

メニュー
新着記事
新着コメント
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    pchan (07/15)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    jun (07/15)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    chuta (07/12)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    takeo (06/28)
  • 敷引が最高裁で有効判決!!
    KEN (05/10)
  • 敷引が最高裁で有効判決!!
    石永 遊 (04/20)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    jun (04/04)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    jun (04/03)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    taizou (03/29)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    大河 (01/17)
RECENT TRACKBACK
達人のリンク
プロフィール
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
問い合わせ数 メール:電話
さて、意外とはっきりとした統計がないのがこれ。

「メールと電話の問い合わせ比率はどれくらい?」

達人アンケート第二弾。

達人調査(N=260 単一選択)
Q不動産会社に問い合わせするときに使う方法は、

 メールのみ 63 24%
 メール中心 90 35%
 電話のみ 42 16%
 電話が中心 65 25%

メール中心の人が電話する割合と、
電話中心の人がメールする割合が同じだとすると、

 メール(のみ+中心) 59%
 電 話(のみ+中心) 41%

さらに

 メール(のみ) 24%
 電 話(のみ) 16%

上記は両方とも、メール:電話 = 6:4
これは、総反響数は、メール数の1.5倍ということを意味します。
| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









http://heyasagase.jugem.cc/trackback/364
このページの先頭へ