不動産ITブログ☆blog

不動産業界からネット業界についてブログを書く

メニュー
新着記事
新着コメント
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    pchan (07/15)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    jun (07/15)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    chuta (07/12)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    takeo (06/28)
  • 敷引が最高裁で有効判決!!
    KEN (05/10)
  • 敷引が最高裁で有効判決!!
    石永 遊 (04/20)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    jun (04/04)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    jun (04/03)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    taizou (03/29)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    大河 (01/17)
RECENT TRACKBACK
達人のリンク
プロフィール
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
ユナイテッドルームズが全物件DB
ユナイテッドルームズサーチ

最近、この話題がホットなようで、立て続けにこの是非について意見を求められた。要は、市場にある賃貸物件すべてに対して、「口コミ」情報を集める。というものだ。

書けというから書くが、私の見解は明確にNOだ。

NOの意味は、ユーザーが求めていないとか、そういう意味ではない。
サイトとして成立しないという意味だ。
そもそもの問題は、「ユーザー」「オーナー」「不動産会社」のほとんどがこのサイトを利用することを前提としている点だ。
確かに、大半の物件に入居者のコメントがつけばそれはものすごい有益な情報だ。不動産会社も大家さんも参加せざるをえなくなり、このサイトは国内最大のDBとなるだろう。

しかしだ。
そこにたどり着くことこそが難しいのであり、これに莫大な広告費がかかることは今までの歴史の中で証明されつくされてきたし、まして、リピータ不在、口コミの集客不能という不動産業界のインターネット分野ではこういった口コミ型コンテンツを運営することは困難を極める。

以前書いた記事は今回の事例に当てはまるだろう。

不動産対象のユーザー評価はその機会が少なく情報が蓄積しない
機会の絶対的な不足

不動産業界に限っては書かれ損が先行する。(敷金返せ!、生活干渉するな!)
必ずしも公平とはならない。

リピータ不在でプロモーションをしなくてはユーザーが来ない。(情報が集まらない)
不動産サイトの集客の難しさ

さらに、今回の場合は収益をどのように上げるかという問題もある。
「うちは不動産会社に任せているから」というオーナー。
新しいものはいくらすごくてもなかなか手を出さない不動産会社。
この2者おのおのに参加を呼びかけるところも、相当ハードルが高い。

確かに、ある程度の情報があれば、すばらしいサイトとなるだろう。
しかし、そうでなければまったく意味がなく、空室情報を確実に提供している既存媒体にユーザーの利便性の面ですら勝つことはできない。

冒頭の私の見解のNOの意味は、情報収集、収益性、サイト集客のトリプル困難で
最終形までたどり着くことはできないということだ。
これはこのサイトのビジネスモデルうんぬん以前の問題。
「よいサイトには人が集まる。」というネットバブル時の幻想をいまだ引きずっている気がしてならない。

| comments(11) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | - |
なるほど さすが武緒さんですね。
やっぱり視点が「インターネットの現場から」ってかんじです。
| ボブ | 2007/02/07 12:49 PM |
通りがかりの同業者です。
自分も会社のWebの運営をやっていて、SEOとかマーケティングとか勉強していますが、こと不動産に関しては「一生のうちに何度も購入活動をするものではない」という点で、他の商売と違う難しさを感じています。
user's voiceみたなコンテンツを作ろうという話もありましたが、結局その声自体を集める方法がなく、立ち消えになりました。
物件ごとの掲示板、という話もありましたが、クレームの嵐になりそうなので却下になったのも事実です。

ネットを意識できるオーナーがまだ少ないとも思います。
1年後の今くらいにこのサイトにどれくらいの情報が集まっているか、見物ですね。
| IOKANAAN | 2007/02/08 11:55 PM |
おっしゃる通り!

結局、お坊ちゃま社長の幻想に過ぎません。
| リンリン | 2007/02/09 7:11 PM |
iokanaanさん
以前8年ぐらい前ですが、レオパレスが入居者向けの掲示板を公開していました。ご想像のとおり、荒れました。今はありません。
ネットではいろいろなサービスがあります。しかし、不動産のジャンルに当てはめられるものって本当に少ないんですよ。。短期的なユーザー相手ですから、一撃必殺のもの、つまり、わかりやすく、今あるサイトから大きく外れないもの。これがポイントだと思います。

リンリンさん
言葉が過ぎます。。。それからそのハンドルネーム。。
| jun | 2007/02/14 2:40 PM |
1週間ほど前からブログを読ませて頂いております、とある不動産会社のWEB担当しておりますヤスと言いますm(_ _)m

私も同感です。
成功事例を考えると、同じような比較・コメントサイトとして価格.comなどがありますが、取り扱い商品が量産品なので使用者の母数が大きい。例えばipodなんて世界で1億台、国内でも数百万台売れているから、その内の0.01%の人がコメントするだけでも数百件の情報がアウトプットされる。商品情報を欲しがるユーザーの母数も多いから、コメントを書けばレスやお礼が書き込まれ、多少なりとも人の役に立てた満足感を得られる。Web2.0というバズワードを使いたくないが、一つのコミュニティーとして成立していると思います。

不動産に関しては、ほとんどがユニーク商品なので価格.comのような比較・コメントコミュニティーは成立しないと思いました。
| ヤス | 2007/03/12 10:51 AM |
そうですね。不動産はすべてユニーク商品。ここがもっとも重要でしょうね。

化粧品、グルメ、映画、電気製品。
レパートリーは不動産の数千分の一。逆に評価機会は不動産の10倍以上あります。つまり、これらの商品は1万倍口コミ情報は集まりやすいはずです。

にもかかわらず、成功しているサイトはほんの一握りしかありません。
| jun | 2007/03/13 12:47 AM |
>>junさん

これからユナイテッドルームズが、どのようにしてコミュニティーを成立させていくのか、イイ意味で注目しています(^_^)
| ヤス | 2007/03/13 2:19 AM |
注目。。そうですね。
僕もいい意味で注目はしています。
こういうサイトが成功を収めるようになったとき。
インターネットはまたひとつ違う時代を迎えているはず。
今の論理では成り立たないものも、成り立つ時代がくるかもしれない。
時代遅れにならないよう、われわれは注意深く見守る必要があるでしょうね。
| jun | 2007/03/13 8:09 PM |
ユナイテッドルームズの動画配信サービスをアットホームが導入したみたいですねー。
| ヤス | 2007/04/03 10:09 AM |
あれ?業務提携したのは結構前だったような。。
それとは違うんですか?
| jun | 2007/04/05 11:19 PM |
そうなんですか!?先日、athomeの方が来られて下記新サービスを紹介されたので勘違いしました…「athome movie」は昨年の7月から始まってたんですね。無知で申し訳ないです(^^;

ちなみに「athome movie」はユナイテッドルームズの方が撮影に来られるみたいですね!

ttp://athome-inc.jp/pdf/news/070330.pdf
| ヤス | 2007/04/07 3:38 PM |









http://heyasagase.jugem.cc/trackback/363
「口コミ」ビジネスが進化中/賃貸住宅の物件・ご近所情報も
URS(UNITEDROOMS SEARCH) 250万棟をデータ化 自宅にいながら、引っ越し希望先の近隣の口コミ情報を ゲットできるユナイテッドルームズの物件住宅サイト ●UNITEDROOMS SEARCH http://www.unitedrooms.net/ (写真、ニュース用に借用させて頂きま
| Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』   編集長 不動産ブログ日記 | 2007/02/12 11:44 AM |
このページの先頭へ