不動産ITブログ☆blog

不動産業界からネット業界についてブログを書く

メニュー
新着記事
新着コメント
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    pchan (07/15)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    jun (07/15)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    chuta (07/12)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    takeo (06/28)
  • 敷引が最高裁で有効判決!!
    KEN (05/10)
  • 敷引が最高裁で有効判決!!
    石永 遊 (04/20)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    jun (04/04)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    jun (04/03)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    taizou (03/29)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    大河 (01/17)
RECENT TRACKBACK
達人のリンク
プロフィール
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
騒ぎすぎ@厚生労働大臣
以下が今回問題になっている厚生労働大臣の発言要旨。
表現が適切という気はないが、辞任だなんだなんていうのは騒ぎすぎ以外の何者でもない。
最初に断っておくが、私はどちらかといえばフェミニストだ。
よく会社で、事務の仕事を「女の子に頼む」とか「女子社員に頼む」とかいうが、私はか絶対にいわない。「営業内務」とか「事務」という職種を指す言葉を徹底して使っている。他にも「女子アナ」という言葉にも非常に違和感を持っていたりする。

さて、スポーツ報知の記事に要旨があった

◆柳沢厚生労働相発言要旨 なかなか今の女性は一生の間にたくさん子どもを産んでくれない。人口統計学では、女性は15〜50歳が出産する年齢で、その数を勘定すると大体分かる。ほかからは生まれようがない。産む機械と言ってはなんだが、装置の数が決まったとなると、機械と言っては申し訳ないが、機械と言ってごめんなさいね、あとは産む役目の人が1人頭で頑張ってもらうしかない。(女性)1人当たりどのぐらい産んでくれるかという合計特殊出生率が今、日本では1.26。2055年まで推計したら、くしくも同じ1.26だった。それを上げなければいけない。

要は、出産する人の数が既に確定的であるから、その決まった人にがんばってもらうしかない。ということだ。
「出産する人の数はいまさら増やせない」ということを、わかりやすくものの例えでいっただけで、「女性とは何ぞや」を説いているわけではない。単純な例え以外の何者でもないわけだから、その裏に差別だのの意図が介在する余地などないのだ。
そもそも、たとえが悪かった、と感じ即訂正している。

それが「女性は子供を生む機械」という表現だけ取り出して、あたかもこの発言の「主」であるがごとく「女は子供を作る機械なんだ」みたいな、趣旨に摩り替わっている。

さらに、また別の発言で「若者の80%は2人以上の子供が欲しいという”健全な”意識を持っている」というのが問題になりそうだという。
じゃぁ、2人欲しくない人は”不健全”なのか。というのが問題なようだが、これも表現を間違っただけであり、「好ましい(国にとって)」と意訳できる範囲だろ。
こういうのを、「あげあしとり」という。

こんな低レベルでくだらん人権論争を堂々とやるから「義務教育だから給食費は払いません」なんていうバカ親が出てくるのだ。

見ててアホらしくなる。
| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









http://heyasagase.jugem.cc/trackback/362
このページの先頭へ