不動産ITブログ☆blog

不動産業界からネット業界についてブログを書く

メニュー
新着記事
新着コメント
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    pchan (07/15)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    jun (07/15)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    chuta (07/12)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    takeo (06/28)
  • 敷引が最高裁で有効判決!!
    KEN (05/10)
  • 敷引が最高裁で有効判決!!
    石永 遊 (04/20)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    jun (04/04)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    jun (04/03)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    taizou (03/29)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    大河 (01/17)
RECENT TRACKBACK
達人のリンク
プロフィール
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
SEOスパム
「順位が下がったのですがスパム認定されたのでしょうか??」と相談されることがしょっちゅうある。
が、ほとんどの場合スパムではない。
本当にスパム認定を受けるケースというのは「よっぽど」の場合であり、SEO参考書程度の内容でやっている限りはほとんどスパムにはならないと考えてよい。別の言い方をすれば、意図してやっているわけではないが、スパムっぽくなった、程度であればまったく問題はない。

たいていのスパムと呼ばれる小技は単に「無効化」されるだけであって、加算はなくても減点もない、つまり、やったからといって本来の順番より下落するということはほとんどない。

スパムといわれている行為をあからさまにやっているサイトを注意深く観察していても、ペナルティーを食らっていた例にお目にかかったことがない。

では、なぜ、あなたのサイトの順位が下落したのか。

理由の内訳↓
7割は たまたま。 時間の経過で元に戻る。
3割は アルゴニズムを含むインデックスの更新で他のサイトが上昇し相対的に下がった。

まぁ、こんなところだ。

ある日突然大幅に順位下落したなんて場合、騒がず、あせらず、そのまま放置しよう。
経験上、9割は一ヶ月たたずに元にもどる。
| comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
そうですね、スパムだらけがたくさん生き残っているし、アングラ系だとスパムが上位に着たりしますもんね。

アクマニ事件以降、「削除」もどうやら慎重になられたようですし。

アルゴリズムは日々変化するし、だいたいにしてフランチャイジーなのりである日本法人は味付けが乱雑にならざるを得ません。


| toriumi | 2006/08/07 12:52 AM |
グーグル八分のあれですねw
最近はサイバーエージェント関連サイトが思いっきり削除され、問題リンクを撤去したところ復旧したという例があります。
| jun | 2006/08/09 9:40 AM |









http://heyasagase.jugem.cc/trackback/336
このページの先頭へ