不動産ITブログ☆blog

不動産業界からネット業界についてブログを書く

メニュー
新着記事
新着コメント
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    pchan (07/15)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    jun (07/15)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    chuta (07/12)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    takeo (06/28)
  • 敷引が最高裁で有効判決!!
    KEN (05/10)
  • 敷引が最高裁で有効判決!!
    石永 遊 (04/20)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    jun (04/04)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    jun (04/03)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    taizou (03/29)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    大河 (01/17)
RECENT TRACKBACK
達人のリンク
プロフィール
  • RSS1.0
  • Atom0.3
  • Powered by "JUGEM"
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
続々 YAHOO!切り替え検証
一週間ウォッチしたが、だいたいの結果が出た。
今後ユーザーがわかってきて、傾向が変わる可能性があると前回書いたが、ここ1週間のログ、過去の経験からそれはないと判断した。

よく考えれば、検索エンジン業界は過去様々な大きな変更があった。しかしながら、達人の解析を見る限り、結局変更初日の傾向は今現在でも継続している。

「ネットユーザーの大半は、今目の前にあるものが全て。」

YSTだろうが登録サイトだろうがアレコレ考えずに、ユーザーは日本のインターネット史上最大の変更が行われたことなど気付かずに、今までと同じようにYAHOO!を使っている。


■登録ページとの一致は絶望的

ユーザーが新YAHOO!でキーワード検索をして、その後従来の検索方式である「登録サイト」に切り替えれば「従来の方式」で検索できる。

私も含め、ディレクトリ登録サイトはここが少しでもこの方式を支持するユーザーが残ることを期待したわけだが、その希望は見事に打ち砕かれた。

現在達人は「賃貸」「賃貸住宅」「賃貸物件」「賃貸情報」殆どのビックワードで検索後、登録サイトの従来方式に切り替えると、3番目でクールマーク付で表示される。これは旧方式であれば合計1000人/日はくだらないであろう位置だ。

ところが、登録サイトで検索された結果から訪問してきたのはたったの10人程度。実に1/100である。
登録サイトとの一致に切り替えるユーザーは殆どいないと断言するには十分すぎる数字だろう。


■ディレクトリルート

再三「鍵である」と書いているディレクトリからユーザーについてだが、
先ず「ディレクトリルート」の定義を書いておく。
これはカテゴリを直接表示して一覧から訪問するユーザーのことだ。新方式では最上部の一致ディレクトリのリンクと、全てのサイトの下に表示されているカテゴリのリンクをたどるユーザーを言う。

さて、達人は「不動産」と「不動産賃貸」に2カテゴリに登録されているが、ディレクトリルートからのユーザーを旧方式と新方式で比較すると、対旧方式で90〜80%というところだ。他のサイトのログを見ても大きく減少したという傾向は見られない。

ディレクトリを直接表示すると、その並びはあいうえお順であるから、サイト名に大きく依存するため、ディレクトリルートが残って万々歳のところとたいして影響のないサイトと分かれるが、地域の不動産会社サイトでも比較的上位にあるサイトはYST移行の震度はかなり軽減されたはずだ。

しかし、海外のY!を見ると、ディレクトリ内はあいうえお順ではなく、なんらかのアルゴニズムに基づく順番になっている。つまり、今後変更がある可能性があるということは留意したい。



■地域の不動産会社でも上位表示できる可能性について

以前の記事で地域不動産会社のYAHOO!対策は無理と書いたが、あながちそうでもないということがわかった。

今回大きく影響したのは「賃貸 中野区」など、ディレクトリそのものが一致するようなワードだ。

従来は強制的に表示されるディレクトリの中にぶち込めばよかったので何も知らなくても恩恵を受けていたサイトが多かった。
YSTになり、これがガラリと変わったように見えるが、幾つかの条件を満たしたサイトは踏みとどまっていることが多い。

さすがに「賃貸 東京」あたりの激戦ワードでは特別な対策を要するが、自社のテリトリの地域名駅名程度であれば、サイト内の最適化だけでいける可能性がある。(試してないのであくまで可能性ですが)


■達人のアクセス数増減

ちなみに達人の場合、「賃貸」や「デザイナーズマンション」など従来では優先表示ディレクトリが邪魔していたため表示されなかったワードが表示されるようになった。特に「賃貸」の威力が大きい。

反面、「敷金」「賃貸情報」「賃貸マンション」などで表示されなくなったことにくわえ、ディレクトリルートが1〜2割減しているため、YAHOO!全体では殆ど変化なしという結果だった。

| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









http://heyasagase.jugem.cc/trackback/303
このページの先頭へ