不動産ITブログ☆blog

不動産業界からネット業界についてブログを書く

メニュー
新着記事
新着コメント
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    pchan (07/15)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    jun (07/15)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    chuta (07/12)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    takeo (06/28)
  • 敷引が最高裁で有効判決!!
    KEN (05/10)
  • 敷引が最高裁で有効判決!!
    石永 遊 (04/20)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    jun (04/04)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    jun (04/03)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    taizou (03/29)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    大河 (01/17)
RECENT TRACKBACK
達人のリンク
プロフィール
  • RSS1.0
  • Atom0.3
  • Powered by "JUGEM"
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
オーバーチュアの月間検索数
半年ぐらい前から「賃貸」の検索数と「不動産」の検索数が逆転している。
その代わりに「不動産賃貸仲介業」というワードに物凄い検索数が振り分けられている。賃貸住宅や、賃貸情報よりも数値が多い。

しかし、「不動産賃貸仲介業」なんつうワードをユーザーが入力するわけもなく。数字がおかしいことは間違いない。
ん?ちょっとまて。「不動産賃貸 仲介業」聞いたことがある。

確か賃貸関連ワードで検索すると先ず出てくるディレクトリは「不動産仲介業>賃貸」。

少し調べてみたが、もしかしてオーバーチュアのアドバイスツール。
「ディレクトリ」の表示回数をキーワード検索回数として参入していないだろうか?

つまり、アドバイスツールで出てくる数字は「検索回数」ではなく、ディレクトリも含めた「広告表示回数」ではないのか。
確かに、OVはアメリカのシステム。アメリカでは既にYSTであることを考えれば少なくともアメリカでは「広告表示回数≒検索数」といえるだろう。

だとすると、アレを元にSEO対策をするととんでもない勘違いをしでかす可能性がある。「不動産賃貸仲介業」というワードがすごい検索数だからといって、SEO対策をしても、実はそれは「ディレクトリ」の広告表示回数だったりするわけだ。当然ヤフーがディレクトリにどんな名前をつけているかに大きく左右される。
| comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
なるほど納得
| CB | 2005/09/24 12:33 AM |









http://heyasagase.jugem.cc/trackback/290
このページの先頭へ