不動産ITブログ☆blog

不動産業界からネット業界についてブログを書く

メニュー
新着記事
新着コメント
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    pchan (07/15)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    jun (07/15)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    chuta (07/12)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    takeo (06/28)
  • 敷引が最高裁で有効判決!!
    KEN (05/10)
  • 敷引が最高裁で有効判決!!
    石永 遊 (04/20)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    jun (04/04)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    jun (04/03)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    taizou (03/29)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    大河 (01/17)
RECENT TRACKBACK
達人のリンク
プロフィール
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
サイト作成のノウハウ本
最近、おもうところがあって、サイト作成のコツとか、人気サイトを作るコツとか、その手の本を買いあさっている。
感想を言わせてもらえれば、個人を対象にした本のほとんどは「全く」参考にならない(SEO、SEM関連を除く)。ソースをどうしろだとか、CGIは自作でやれとか、メルマガに投稿しろだとか、掲示板で宣伝しろだとか、相互リンクうんぬん、、、。はっきり言って、根本的にアクセス対策できる、また、よいサイトを作るための要件ではどう考えてもないようなものをつらつらと並べてある。200ページの本が大半だが、正直、横浜から乗った電車の中で斜め読みして品川で捨てたくなるような内容だ。

これに対して、とても参考になるというか、ストレートに私の感性と一致したのが、「個人商店主」を対象にしたサイト作成本だ。要するに、商用サイト向けのノウハウ本だが、個人の趣味のサイトであっても、商品をそっくりそのまま、そのサイトのメインコンテンツに当てはめれば十分有用なものだろう。


よいサイトの条件

1.内容と切り口。
2.サイト全体の訴求力

よく、サイトの評価を人に聞くと、「ごちゃごちゃしている」とか、「すっきり見やすい」なんて答えが返ってくるが、上記の1.2.をわかりやすくするための手段の一つであって、サイトを流行らせる直接要件ではない。
| comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
おおー、ためになる意見です!
確かに言われてみるとそうだ・・・
| NAME_NOT_FOUND | 2005/03/19 5:10 PM |









http://heyasagase.jugem.cc/trackback/235
このページの先頭へ