不動産ITブログ☆blog

不動産業界からネット業界についてブログを書く

メニュー
新着記事
新着コメント
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    pchan (07/15)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    jun (07/15)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    chuta (07/12)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    takeo (06/28)
  • 敷引が最高裁で有効判決!!
    KEN (05/10)
  • 敷引が最高裁で有効判決!!
    石永 遊 (04/20)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    jun (04/04)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    jun (04/03)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    taizou (03/29)
  • どうなる更新料? 最高裁の判決を考えて見る
    大河 (01/17)
RECENT TRACKBACK
達人のリンク
プロフィール
  • RSS1.0
  • Atom0.3
  • Powered by "JUGEM"
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
アドワーズ広告の背景が・・・
6/22 21:00現在。検索結果上部に表示されるアドワーズ広告の背景(水色)が消えていることを確認(右サイドは結構前に変更済み)というより、通常の検索結果(オーガニックサーチ)と区別がつきづらくなった、むしろ、「区別できない」表示方法に変わったということです。

【23日、追記】
22日、24:00前後では上記のような現象は確認できなくなりました。
やっぱガセっぽい。漫画喫茶のディスプレイのコントラストが変になってたに100万モナー。その漫喫、サイトリストの★の背景がピンクに見えてたし。
・・・しかし、何度も確かめたんだがなぁ・・・
これはグーグルらしからぬ改定。ユーザーの利便性を考慮して、単純に単価を吊り上げても上位表示しないアドワーズ(グーグル)のポリシーを考えればオーガニックサーチと広告をまったく同様に表示することは正直首をかしげる。

すでに瀕死状態であったとはいえ、先の提携解除で広告の表示機会を失ったグーグルの苦肉の策なのだろうか。
こんなことをするぐらいなら、オーバチュア方式で単価を上げた方がよほど正攻法だと思うがいかがなものか。

また、これによって、コンバージョン率の低下も考えられる。
通常の検索結果とユーザーが誤認すれば、当然クリック率はドーンと跳ね上がるわけだが、やはり広告は広告。必ずしもユーザーの意図と合致しているとは限らないわけで、調べ物をしているようなユーザーが、物販サイトに迷い込むようなケースも出てくるだろう。

| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









http://heyasagase.jugem.cc/trackback/152
このページの先頭へ